So-net無料ブログ作成
検索選択
技術紹介 試作・開発 ブログトップ

電鋳を使った射出成形金型-MPM工法 [技術紹介 試作・開発]

サイズ変更サイズ変更IMG_6659.JPG

写真は新開発のMPM金型で成形したサンプル製品です。

MPM金型とは、電気鋳造のシェルを射出成形金型のキャビティとして利用した弊社新開発の射出成形金型です。
射出成形金型の製品意匠は通常はエッチングやサンドブラストでつけるのが一般的ですが、弊社の金型は実際にミシンでステッチを入れた皮革を電気鋳造で反転して意匠をつけたものです。反転で作る電気鋳造の性質上、元のモデルが製作できればどんなものでも反転して射出成形のキャビティとすることが可能です。

コストについては通常の射出成形金型よりも若干高くなります。

ご質問はコメント欄かweb@ktx.co.jpまで!
(@は@に変更してください)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

平成22年度新事業活動支援補助金 [技術紹介 試作・開発]

平成22年度〔22年度補正予算事業〕平成22年度新事業活動支援補助金の
「2.地域資源活用新事業展開支援事業(地域資源活用売れる商品づくり支援事業)」の一つとして弊社の技術開発事業が採択されました。

補助事業者名
江南特殊産業株式会社

事業テーマ
「優れた強度と軽量の樹脂成型品を実現する独自技術を使った電気鋳造金型の製造販売事業」

中小企業地域資源活用プログラム
http://www.chubu.meti.go.jp/keiei/sesaku/katsuyou.htm
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

地域資源活用事業計画 [技術紹介 試作・開発]

平成21年度第1回(通算第9回)の中小企業地域資源活用促進法に基づく地域資源活用事業計画の助成金では「MPM工法」による試作品を製作しました。

***以下引用***
[江南市]
優れた強度と軽量の樹脂成形品を実現する独自技術を使った電気鋳造金型の製造販売事業
・同社は試作型、軽量型の製造において、ものづくり大国愛知の中でも先進的な製品の開発を進めてきた。特に、自動車や航空機分野を中心に、環境負担低減の取り組みが進んでおり、部品の軽量化が求められてきている中、炭素繊維入り原料の利用に着目した。
・本事業対象商品は、これまで難しかった難流動性の炭素繊維入り樹脂を、「MPM工法」により薄肉成形を可能とした、画期的な金型である。
・今後、MPM工法による電鋳金型のさらなる精度向上と高品質化を実現するため研究開発を進めながら、自動車分野を皮切りに、軽量化が求められる分野へ販路開拓を実施していく。

地域資源名【三類型】 愛知の金型【鉱工業品】
申請事業者 江南特殊産業株式会社

(認定日:2009年7月10日)
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/shigen/MTninteiKeikaku/aichi/index.html

地域資源活用事業計画に採択されました。


独立行政法人 中小企業基盤整備機構の
「地域資源活用事業計画 平成21年度第1回認定」
に弊社の金型技術が採択されました。
(認定日:2009年07月10日)

***以下は引用です***

優れた強度と軽量の樹脂成形品を実現する独自技術を使った電気鋳造金型の製造販売事業

・同社は試作型、軽量型の製造において、ものづくり大国愛知の中でも先進的な製品の開発を進めてきた。特に、自動車や航空機分野を中心に、環境負担低減の取り組みが進んでおり、部品の軽量化が求められてきている中、炭素繊維入り原料の利用に着目した。
・本事業対象商品は、これまで難しかった難流動性の炭素繊維入り樹脂を、「MPM工法」により薄肉成形を可能とした、画期的な金型である。
・今後、MPM工法による電鋳金型のさらなる精度向上と高品質化を実現するため研究開発を進めながら、自動車分野を皮切りに、軽量化が求められる分野へ販路開拓を実施していく。

中小機構 J-NET21・地域産業資源活用事業計画の認定


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

地域資源活用事業計画に採択されました。 [技術紹介 試作・開発]

20090818110112348.jpg

独立行政法人 中小企業基盤整備機構の
「地域資源活用事業計画 平成21年度第1回認定」
に弊社の金型技術が採択されました。
(認定日:2009年07月10日)

***以下は引用です***

優れた強度と軽量の樹脂成形品を実現する独自技術を使った電気鋳造金型の製造販売事業

・同社は試作型、軽量型の製造において、ものづくり大国愛知の中でも先進的な製品の開発を進めてきた。特に、自動車や航空機分野を中心に、環境負担低減の取り組みが進んでおり、部品の軽量化が求められてきている中、炭素繊維入り原料の利用に着目した。
・本事業対象商品は、これまで難しかった難流動性の炭素繊維入り樹脂を、「MPM工法」により薄肉成形を可能とした、画期的な金型である。
・今後、MPM工法による電鋳金型のさらなる精度向上と高品質化を実現するため研究開発を進めながら、自動車分野を皮切りに、軽量化が求められる分野へ販路開拓を実施していく。

中小機構 J-NET21・地域産業資源活用事業計画の認定

試作開発等支援事業の第1回公募に採択されました [技術紹介 試作・開発]

平成21年度補正予算による、全国中小企業団体中央会の「ものづくり補助金(試作開発等支援事業)」の第1回公募に弊社の案件、「電鋳を使った射出成形金型の製作、開発」が採択されました。


受付番号  P214190352
事業計画名 電鋳を使った射出成形金型の製作、開発
申請者名称 江南特殊産業株式会社

ものづくり補助金(試作開発等支援事業)の採択結果等について(全国中小企業団体中央会)
技術紹介 試作・開発 ブログトップ