So-net無料ブログ作成
技術紹介 MPM工法 ブログトップ

IPF2008 炭素繊維フィラー射出成形 Carbon Filler Injection [技術紹介 MPM工法]

サイズ変更IPF2008_case.JPG
サイズ変更IMG_5820.JPG
サイズ変更IMG_5822.JPG
IPF2008でKTXブースで展示、三菱重工プラテックさんのブースで成形実演をした炭素繊維フィラー射出成形品(炭素長繊維射出成形)です。弊社のMPM金型にて製作しました。
Carbon filler injection part, we have presented at IPF2008 show. It was manufactured by KTX's MPM tooling.

材料:PP+カーボンフィラー
Material : PP + Carbon filler

製品厚み:1mm
Thickness: 1mm

ご参考:IPF2008 三菱重工プラスチックテクノロジー(株) 出展概要
FYI: IPF2008 Mitsubishi Heavy Industries Plastic Technology
http://www.mhi-pt.co.jp/injec_j/news/2008/1014.htm
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

MPM工法 [技術紹介 MPM工法]

MPMは、Metal Piping Moldの略です。

射出成形金型のキャビティの意匠面とは反対側に金属配管を施したものです。
意匠面と比較的近いところに温度調節配管を付けたことで急加熱・急冷却が可能となり、これにより成形サイクルの向上を図っています。
(特許 第3107965号 「型用電鋳殻における温度調節管の固定構造」)

MPM 資料 PDF 381KB

サイズ変更IMG_5820.JPG
サイズ変更IMG_5822.JPG
IPF2008では三菱重工プラテックさん、共和工業さん、共和レザーさんと共同で製作した試作型を出展し、好評をいただきました!
技術紹介 MPM工法 ブログトップ